TOP Page > スポンサー広告 > ビットコイン先物取引開始にあたってTOP Page > ◾️暗号通貨・仮想通貨 > ビットコイン先物取引開始にあたって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

ビットコイン先物取引開始にあたって

ビットコインがバブルの様相を呈しています。

恐らく、米国の金融取引所がビットコインの先物取引を開始することから、ただのモノの売買だったものが、金融商品としての売買が可能となり、ビットコインに投資する機関投資家の資金増を見込んでのことでしょう。

或いは、先物取引でショート(売り)を目論んでいるヘッジファンドが、火に油を注げるだけ注いでいるのかもしれません。

12/10から、先物が上場されますので、動きに注意ですね。


さて、そう言う私はどうするか。
基本的なスタンスとしては、外貨預金或いは金プラチナのように、伝統資産とは別の分散投資対象の拡張部分として、毎月積み立てを実施する、というものです。

なお、儲ける才能のない私ですが、今回のバブルの波に乗ろうと、途中で少しだけ資金を追加投入してます。


繰り返しになりますが、基本的には長期的な観点から投資しているので、ガチホールドと行きたいところ。


しかしながら、バブルということは、実態以上に価格が吊り上っている状態です。
セオリーにそえば、ここから、さらなる上昇が見込めないわけですから、一旦売却もいいのかなあと思ってしまいます。
歴史に学べ、ですね。


こんな方法もあり得ます。本多静六が勧めるダブルバガー利確作戦です。

簡単に言うと、2倍になったら半分売って、元本を取り戻せと。そうすれば、残った投資資金は、元々なかったものなので、価格変動を全く気にしなくなるよと。
(個人単位で見れば無から有を生み出したような状態です。正に信用創造ですね。)


まあ、なんだかんだ言っても、基本はパッシブな投資家なので、何もしないと思いますが…。

何より、オランダのチューリップバブル以来、歴史に名を残しそうなこのビットコインバブル、時代の証人として、しっかりと見届けたいと思います。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。