TOP Page > スポンサー広告 > 日本経済は衰退するのにTOPIXに投資する意味はあるのかTOP Page > ■雑感 > 日本経済は衰退するのにTOPIXに投資する意味はあるのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

日本経済は衰退するのにTOPIXに投資する意味はあるのか

日本経済というと語弊があるかもしれませんが、日本の人口は減少の一途を辿り、経済のパイもそれに伴って縮小して行くこの状態、インデックス投資をする意味ってあるのでしょうか。

つまり、インデックス投資では代表的な、市場全体(例えばTOPIX)にまとめて投資するということは、前提として市場全体が成長する必要があるのでは?という問題意識です。

これへの反論として、
一つは、経済には信用創造という力があり、人口構造に関係なく成長していく
一つは、偶々日本の取引所に上場しているだけで、実際は海外で儲けているというパターンが今後も増える
一つは、現在の市場全体の価値は、現時点で未上場(未設立を含む)の企業の価値を加味していない

などの理由により、指数が上がらないとは言えないとなりますでしょうか。

経済は奥が深く、私のような小人の理解を超えた世界です。


これと似たような疑問として、国は「貯蓄から投資」や「貯蓄から資産形成」などといいますが、海外に投資するファンドばかりに投資した場合でも、問題は生じないのでしょうか。

今は銀行や保険会社を経由して日本の国債に回っていますが、iDeCoやつみたてNISAの普及で、外国株式インデックスファンドにばかりお金が回ったら、国としての不都合は生じないのか?という問題意識です。

これへの反論は、対外純資産が増えることにつながり、則ち国民の資産が増加して、国内の経済も活性化するから、一時的な国債からのシフトは問題ない、というところでしょうか。

経済は奥が深く、私のような小人の理解を超えた世界です。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。