TOP Page > スポンサー広告 > 投資信託を通じた株式投資TOP Page > ■投資 >投資信託 > 投資信託を通じた株式投資

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

投資信託を通じた株式投資

投資信託というと、教科書に載っているメリットとして、「分散投資」というものが挙げられるでしょうか。

グローバルや世界と名前に付いていればなおさら、数えきれない会社に投資していそうな気もします。ですが、たった30種類の会社にしか投資していない投資信託も世の中にはあるのです。

ダウ工業株30種平均という指数に連動するインデックスファンドがそれに当たります。

内訳は以下の通りです。



この銘柄群を見てください。グローバルな事業展開をしている会社が多いためか、名前を聞いた事がある会社がほとんどです。
私が何をしているのかパッと思い浮かばないのは、ユナイテッドヘルス・グループとトラベラーズ・カンパニーズくらいでしょうか。

この指数に連動するインデックスファンドを買うということは、間接的ではありますが、この30社に投資をしていることになります。

私はこのインデックスファンドに100万円ほど投資していますので、例えばiPhoneを作っているアップルでしたら、4万6千円も投資していることになります。

通常、投資信託への投資では(特にインデックス投資に言えることだと思うのですが)、投資先にそれほど関心を持つことはないのではないかなあと思います。

ダウ工業株のように30社しか対象がないと、否が応でもその対象の存在感が高まり、少しだけ景色が違って見えますね。

パッシブ投資家と言えども投資信託を通じて、企業に投資しているんだなぁと、改めて感じた出来事でした。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。