TOP Page > ■投資 >投資信託 > 【投資信託】SBI証券でつみたてNISA対象商品が公表

【投資信託】SBI証券でつみたてNISA対象商品が公表

【投資信託】SBI証券でつみたてNISA対象商品が公表

私がメインで活用しているSBI証券で、来年1月から投資可能となるつみたてNISAの商品ラインアップが公表されています。

SBI証券のつみたてNISA対象ファンド選定方針は、『投資家の皆さまの幅広い投資ニーズにお応えすべく、法令上の要件を満たし、長期投資に適しているつみたてNISA対象ファンドとして金融庁にて届出が受理されたファンドに関しては、取り扱いの手続きが整い次第、順次、幅広くラインアップとしてご提供する方針としております。』とのこと。

どこぞの金融グループで想像に難くない、自社グループ商品で固められた良くも悪くも厳選されたラインアップとはならないようです。ひと安心です。

おそらく、今現在において、つみたて投資のメインストリームの基盤として活躍している大手ネット証券は、ほぼ同じスタンスで臨んでくると思います。

もう一つ、現在公表されているラインアップにおける留意点は、これら全てが、投資対象として選択可能かどうかは別問題ということです。

確か、つみたてNISAで投資できる商品は、アセットマネジメント会社が金融庁に届け出る必要があったとおもいます。彼らの営業戦略上、つみたてNISAで売りたくないと思ったら、届け出ない可能性もゼロでは有りません。


仮に、全ての商品が選択可能だったとすればどうでしょうか。
なんだか、インデックス投資家が好みそうな銘柄が並んでいますね。(一般に販売手数料がかからず、信託報酬等のランニングコストが低いlもの)

私のようなインデックス投資家にとっては、年間40万円ぽっちとは言え、20年も非課税期間が続くのですから、ありがたい制度ですが、株やREITなどの配当が大きな銘柄が好きな投資家にとっては、あまり魅力的ではないような気がします。

金融庁は、将来的には制度を統一する姿を描いているようですが、人の嗜好は色々です。個人的にはあまりやりませんが、さまざまな投資手法も継続し続けて欲しいこともあり、制度統合は慎重に検討いただき、恒久的な税制優遇措置として、両制度の非課税枠を拡大してもらえれば個人投資家としては大変ありがたいところですな。

関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ