TOP Page > スポンサー広告 >  【NISA】通常NISAよりもつみたてNISAを選択したいTOP Page > ■税制 >  【NISA】通常NISAよりもつみたてNISAを選択したい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

 【NISA】通常NISAよりもつみたてNISAを選択したい

さて、平成29年度税制改正で導入が決まったつみたてNISAですが、通常のNISAとの選択制となっています。

当然、現時点では通常のNISAしか選べないのですが、私は、通常のNISAでインデックス型投資信託の積み立てを行っています。
ジュニアNISAでも積み立てを行っています。

来年以降も、積み立てを辞めるつもりはないのですが、其処に現れたつみたてNISAなる新制度。果たして、有利なのでしょうか。

つみたてNISAの特長を端的に言えば、年間40万円迄の積み立てた投資信託を、20年間非課税で運用できるというところです。

私は、同じく税制優遇のある積み立て制度である企業型iDeCoでも、年間33万円を積み立てています。
企業型iDeCoとつみたてNISAを合わせると、年間73万円を税制優遇を受けながら積み立てることができます。

投資の最終目的は、一説によると購買力の維持ということらしいですから(けっこうしつこい)、額面元本で1460万円も準備できるのは、老後の購買力の維持に役立つのではないでしょうか。

結論として、通常のNISAかつみたてNISA、どちらが有利とは一概に言えません。

現在、個別株やETFでNISA枠を消化している人にとってはあまり旨味があるものではありません。というか使えない制度です。
ではありますが、投資信託で積み立てを行っている私のような存在にとっては、老後の購買力の維持という目的に合致した制度かと思われます。

当然、私はつみたてNISAに切り替えたいと思います。

なお、法の施行が10月1日なので、10月1日以降でないと、切り替えの手続きができないようです。もうしばらくしたら、各金融機関から案内が来るのではないでしょうか。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。