TOP Page > スポンサー広告 > 投資の目的~究極の目的は購買力の維持か~TOP Page > ■雑感 > 投資の目的~究極の目的は購買力の維持か~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

投資の目的~究極の目的は購買力の維持か~

先日、政府の審議会の資料を見ていて感じたことです。


有識者と言われる人の発言にこういうものがありました。

「投資の目的は、名目ではなく実質が大事。究極の目的は購買力の維持である。」

私はこの発言に、一つの違和感を覚えました。


確かに、インフレが発生すれば、物価が上がる反対の効果として保有している金融資産の価値が下がります。

投資することで、物価の上昇と同じだけ資産の価値が上昇すれば、購買力を維持することができます。

ただ、投資の目的ってそれだけなのでしょうか?


私の答えはこうです。

『購買力の維持+αを得るため』



その有識者は、こうも述べています。

「長期分散投資をするべきだ。」


有識者に聞いてみたい。

購買力の維持が目的だったら、何のために価格変動リスクのある資産に投資しているのでしょうか。+αを狙っているんじゃないんですかと。


その方は、何年も前からこうも言っています。

「将来はインフレになる可能性が高い。」


アベノミクスと日銀の政策がそうだから、インフレになる。思考停止状態なんじゃないでしょうかね。

足下、起こっていない事実を元に、投資の必要性を説く。

金融機関のセールストークと何ら変わりませんね。

投資の目的は人それぞれ、日銀の政策を金科玉条の如く語るのはやめて頂きたい。

そして私も、それまで何も疑問に思っていなかった。
有識者と言われる人の意見を鵜呑みにしない必要があると自戒しています。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。