TOP Page > スポンサー広告 > 【マジかよ】積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なしTOP Page > ■投資 >投資方針 > 【マジかよ】積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

【マジかよ】積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし


NIKKEI STYLE のマネー研究所に「投信調査隊 積立投資に驚きの結果 購入頻度でリターンに大差なし」という驚くべき記事が載っていましたのでご紹介します。

その調査によると、毎日積み立てようが、毎月積み立てようが、結果に有意な差はありませんでした

毎月積み立てを始めようとした場合、一刻も早く始めたいと考えたりしますよね。
高値つかみをしたくないので、毎日でも分散して積み立てたいと思いますよね。

『あなたが長期の積み立てを行う前提ならば、金輪際そんな考えは捨て去りなさい』

ガツンとハンマーで殴られた感覚です。

なぜならば、6ヶ月毎の積み立てくらいまでは、投資リターンは誤差の範囲に収まるからです。(多少大袈裟かもしれません。)

1年毎の積み立てとなると、若干傾向が変わってくるようです。(多少大袈裟かもしれませんが。)

記事の調査結果!

なぜそんなことが起こるのでしょうか?

(記事の引用です)


■基準価格のランダム変動が主因

 購入頻度を変えても積み立てリターンに大きな差がないというのは、偶然ではなさそうだ。調べてみると、理論的な背景があった。専門的には「調和平均」という数式を使って平均購入単価を計算するのだが、考え方としては「ランダムに変動する価格の平均購入単価は、その購入間隔の影響はそれほど受けず、一定の値に収束する」ということのようだ。株価をはじめ投信の基準価格など金融商品の価格は通常、過去の動きに関係なくランダムに変動する。

 いずれにしても、長期でコツコツ投資するなら、毎日、毎週、毎月、隔月も運用成果はあまり変わらないので、頻度にこだわる必要はない。



投資資産の価格がランダムに変動するからなのですね。
そう言われれば、そうですね。

まあ、私は毎月のサラリーを生活の糧とするサラリーマンですから、毎月積み立てというのが資産管理上もピッタリくると思っています。

(参考)記事のURL
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。