TOP Page > スポンサー広告 > 【ふるさと納税】2017年もふるさと納税を敢行TOP Page > ■税制 > 【ふるさと納税】2017年もふるさと納税を敢行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

【ふるさと納税】2017年もふるさと納税を敢行


◼︎まず昨年の実績について振り返ります


2016年に初めてチャレンジしたふるさと納税ですが、2017年の今年もやってみました。

昨年は長野県伊那市に寄附しました。

お礼の品は、ダイソンの電気掃除機V8フラフィでした。

価格コムなどでは“重い”という評価もあるようですが、わが家での評価は文句なく星5つです。

見た目は悪いですが、壁に立てかけているので、必要な時にサッと掃除機をかけることができます。

“掃除をするストレス”が軽減されるアイテムだと思います。

イギリスのメーカーのデザインなのでスタイリッシュ。壁に立てかけていてもそれ程違和感がありません。



◼︎2017年は神奈川県小田原市へ


さて、2017年の今年はどうするか。

正直なところ、色々と悩みました。

総務省からは、お礼の品を換金するようなことのないようにお達しが出たりしていましたので。

私は換金するつもりはなく、自分たちが“使える”モノを最優先に選ぶことにしました。

そして決めたのが神奈川県小田原市です。

お礼の品はiPad。

もうすぐ新型が出るという噂もありますが、実質2,000円でiPadをお礼にいただける方を選択しました。そう、旧モデルでもね。

時期と実用という“身を取った”わけです。

ふるさと納税って、その地域に住んでない人も寄附できる、名よりも実を取っている制度と言えるならば、そのお礼についても、実を取っていいのではないかと考えたわけです。

おかげ様で、iPadは毎日活用されています。

関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。