TOP Page > ■投資 >投資信託 > 【投資信託】SBIポイントの付与数が順調に増加しています(実質コストの引き下げ)

【投資信託】SBIポイントの付与数が順調に増加しています(実質コストの引き下げ)


ネット証券を利用している人は多いと思いますが、投資信託の保有でもメリットがあります。

私が利用しているSBI証券では、投資信託の保有額に応じ、最高で0.24%という高レートで現金に換えることが出来るのでお得です。

下の表が私の獲得ポイントの推移です。
ここ2年ほど、毎月3,000ポイント台が定着しています。

直近の2017年2月は3,962ポイントが付与されています。
円換算すると、4,754円分です。

忘れてはいけないのは、これらの原資は、投資家がSBI証券に支払う手数料であるということです。
つまり、投資家はそれだけ沢山の手数料をSBI証券に払っているということです。

そしてもう一つ重要な観点は、証券会社や銀行に支払う手数料(=信託報酬)が変わらない以上、こうした還元の有無が、トータルで見た場合の投資信託の保有コストを実質的に下げる効果を得られるかどうかの分岐点となるということです。

私の場合、年間で信託報酬を13.5万円支払い、6万円が還元されている事になります。
投資信託の実質的な保有コストは7.5万円ということになります。

ここまでの低コストを実現できているのには理由があり、端的にいうと、結構な金額をSBI証券に積んでいるということです。
運用している金額が小さいうちはそれ程気にしなくていいですが、続けて行くと徐々に大きくなってきます。どうせやるなら低コストで済むところ、どうせやるならまとめて、これが投資信託を活用した資産運用のポイントの一つだと思います。

※ SBI証券では、保有残高が1,000万円未満の場合は0.1%の還元率、1,000万円を超えると(超えた分だけではなく全額が対象となり)0.2%の還元率となっています。
また、すべての投資信託が同じ還元率ではなく、一定水準の低コスト投資信託は一律0.05%の還元率という制約も設けています。


関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ