TOP Page > スポンサー広告 > 【貯蓄】貯蓄率40%を目指してTOP Page > ■節約 > 【貯蓄】貯蓄率40%を目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

【貯蓄】貯蓄率40%を目指して


貯蓄率って人それぞれだと思います。

私の家計においては、手取り収入の40%を貯蓄することを目指したいと考えています。


実際できるのかと考えた時に、毎月の手取り額から生活費がいくらかかって…と差し引きしていくととても面倒で、考えることが嫌になってきます。

そういった積み上げ方式ではなく、マクロ的な視点でトップダウンアプローチで考えると、それほど難しくないことがわかりました。

ポイントとなる考え方としては、月収ベースではなく、年収ベースで考えることです。


まず、ボーナスなどの臨時収入を含めた想定手取り額を計算します。
前年度の年収と控除額が参考になります。
面倒ならば前年そのままでいいでしょう。


その上で、目標貯蓄率(私の場合は40%)を引いた分を、生活費その他で使えるお金とします。

簡単にに言うと、年収ベースの想定手取り額に0.6をかければOKです。

例えば、年収ベースの想定手取り額が500万円だとすると、
500万円×0.6=300万円
となります。

その金額が年間使えるお金の上限となります。

後は、毎月の使える額として12で割ります。

300万円÷12=25万円
となります。

つまり、年間の手取り額が500万円の人が貯蓄率40%を目指そうとした場合、毎月25万円の生活費で生活すれば良いということですね。


まとめ
目標貯蓄額を達成するための毎月の生活費の求め方
年収ベースの想定手取り額✖️(1-目標貯蓄率)➗12ヶ月

関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。