TOP Page > スポンサー広告 > 高い時に売り抜き、安い時に買い足すTOP Page > ■投資 >資産管理 > 高い時に売り抜き、安い時に買い足す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

高い時に売り抜き、安い時に買い足す

世界的な株高と円安の影響で、私がコアファンドとして投資している世界経済インデックスファンドが唸りを上げています。

具体的には、基準価額が数年ぶりに20000を超して、高値圏に到達しています。

でも、こういう値段が高い時って、そう長続きしないことが多く感じます。


前回2万を超えていた時も、いつの間にか2万を割り込み、アレヨアレヨという間に1万6千台まで落ち込んだような気が。


行動心理学的に、アンカリング(最も高かった時、安かった時の記憶が残りがちとなること)が働いているのかもしれません。

投資理論通りならば、高値(或いは安値)になる確率が正規分布しており、高値圏にいる期間が一番短いとも考えられます。

だからこそ、高値で売るのは難しいし、安値で買うのも難しいという、誰もが抱く感覚にも納得がいきますね。


実際に調べると面白い結果がでるかもしれません。

関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。