TOP Page > スポンサー広告 > 【雑感】住宅ローンについてTOP Page > ■不動産 > 【雑感】住宅ローンについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

【雑感】住宅ローンについて

最近、居住用不動産を探していて感じたことです。

まず、なぜわざわざ自己所有の居住用不動産を求めるのか。

「家賃がもったいない」
これ、よく聞く理由です。

私の場合は、勤務先から住宅手当が少しばかり出ています。住宅を自己所有の場合は手当てが出ない制度のため、賃貸住宅の方が有利です。

そんな中、ひとつの理由として
「クオリティオブライフを上げるため」
でしょうか。

さらに言うなら、「家族構成の変化と共に、現在の住まいが手狭になってきた」こと。
私の場合、このふたつの点が大きいです。


居住用不動産を購入する理由に関する色々なアンケートを見ると、人によって様々のようですね。
例えば、資産を持ちたい、だったり、勤務先に近いところ、だったりします。
ぶっちゃけ、この辺りはいくら議論しても、答えは出てこないような気がします。


住宅ローンについて。

次に、住宅ローンを利用することについて感じたことです。
親などから相続したり、家族の所有する土地をタダで借りる場合を除き、自ら居住用不動産を用意する必要があるわけですが、ご存知のとおり、不動産はとても高い買い物です。

現役世代でキャッシュで買うことができる人はほんの一握りかと。

そのため、住宅ローンを利用するのですが、これがまた人それぞれだと感じました。

総額いくら借りるか
毎月いくらくらいなら返済可能と考えるか

自分の収入や金利動向など、将来の不確実性を含んでいるため、ひとつの答えを導き出すのが難しいのです。
投資と同じで、リスク許容度が試されているのかな、と感じました。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。