TOP Page > スポンサー広告 > 【積立商品】今後の積立商品(コアファンド)考TOP Page > ■投資 >投資方針 > 【積立商品】今後の積立商品(コアファンド)考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

【積立商品】今後の積立商品(コアファンド)考

ただいま、私は二つのバランスファンドをコア商品として分散投資しています。

三井住友トラストアセットマネジメントの「世界経済インデックスファンド」と野村アセットマネジメントの「野村Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」です。

今年に入り、価格が上下動するリスクを減らすため、世界経済インデックスファンドを半分売却して、野村Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型に切り替えました。

おかげで、私のポートフォリオ全体の価格変動リスクはかなり抑えられており、狙いどおりと言っていい状況です。

ではありますが、最近の世界経済インデックスファンドの値上がり状況を眺めていると、

「嗚呼、切り替えなければよかった!」

と思わざるを得ませんね…

このファンドに投資していない方に補足しておくと、かなり値上がりしています!


と、それはさておき、今後の投資方針というか積立商品について考えてみました。


まず、やりたいなと思っていることは、どちらかのコアファンドが1000万を超えたら、一旦その積立てを停止し、もう片方のコアファンドを集中的に積立てること。

二つのコアファンドをあわせて2000万円持ちたい!ということですね。


次に、コアファンドが2000万を超えたなら、サテライト投資を厚くしていきたいと考えています。

サテライト投資の候補としては、MSCI-KOKUSAI指数に連動するインデックスファンドか、それに為替ヘッジをつけたもの、あるいは分散投資効果を狙ってのゴールドファンドあたりを検討しています。


妄想はまだ続きます。

二つのコアファンドとも、放ったらかしでも良いのですが、二つのファンド間でもリバランスをしていこうかなとも。

つまり、片方が1000万を大きく超えたら、超えた分を売却し、もう一方を買い足す。
あるいは、二つののコアファンドは2000万円に固定し、売却代金をサテライト投資へ振り向ける。


こうして、妄想をしている時が、一番楽しい時かもしれません。
関連記事

広告・あなたが関心の高い情報はありませんか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。