TOP Page > Category - ◾️暗号通貨・仮想通貨

やっぱり自分には本当に投資の能力がない

先日、ビットコインブームに乗り、余裕資金で仮想通貨を購入してみました。購入した通貨は以下の4種①ビットコイン(BTC)②イーサリアム(ETH)③ゼットキャッシュ(ZCH)④リップル(XRP)上記に加え、①のビットコインが分裂してできたビットコインキャッシュ(BCH)も保有しているので、保有通貨としては5種類ということになります。ビットコインの価格は最高値を更新し続けていますが、私はちょくちょく任意のタイミングで購入し...

Read more

ビットコインによる収益は雑所得!国税庁タックスアンサー

これまで、幾度か触れてきたビットコインを代表する仮想通貨(暗号通貨)ですが、実は、それにより生じた利益の課税方法が明確ではありませんでした。ようやく国税庁から見解が示され、雑所得に該当することが正式に決定しました。国税庁のタックスアンサーを引用します。No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係[平成29年4月1日現在法令等] ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、こ...

Read more

【暗号通貨・仮想通貨】ビットコイン分裂騒動を受けて

2017年7月から8月にかけて、暗号通貨にとって1つの象徴的な動きがありました。時価総額ナンバーワンであるビットコイン(BTC)が、なんと開発者や計算インフラを報酬の対価として提供するマイナーと呼ばれる集団での合意ができず、分裂しました。分裂してできた新通貨がビットコインキャッシュ(BTH)で、それはそれとして、利用や取り引きが可能となっています。一般紙でも見かけるようになった暗号通貨の話題ですが、足元、一般...

Read more

【仮想通貨】アクティブな投資を考える(投資対象の拡張編)③

暗号通貨・仮想通貨のことを色々考え始めて早3回目となります。ビットコインなどの仮想通貨が、金と違うのは、決済手段として使われる可能性があることです。敢えて、可能性という表現を使っています。なぜなら、日本ではほとんど使えないからです。(2017年6月時点)現金やクレジットカード以外の決済手段としては、楽天エディや交通系マネーなどの電子マネーが使えるところはかなり多くなっています。その電子マネーだって、こ...

Read more

【仮想通貨】アクティブな投資を考える(投資対象の拡張編)②

本日もビットコインをはじめとした暗号通貨・仮想通貨について。色々、仮想通貨のことを調べましたが、なんとなく思ったのは、「金」に近いのかなあということ。特徴としては有限であること国などの機関から独立していること株式や債券などとは独立したプラットフォームであることなどがあると思います。プラットフォームというところは、金とは異なり、仮想通貨特有かもしれません。また、仮想通貨の基本設計思想であるブロックチ...

Read more

【仮想通貨】アクティブな投資を考える(投資対象の拡張編)

先日、コアファンドとしている投資信託が其々1千万円を超えたことを紹介しました。それを受け、アクティブなサテライト投資を行っていこうと検討しているところです。自分の中に引っかかっていたものがありまして、それが今回の主題となる暗号通貨です。暗号通貨というのが正しい呼び方のようですが、日本では仮想通貨という呼び名の方が通用するかもしれません。もっと具体的な名前をあげると、「ビットコイン」という方がピンと...

Read more

スポンサーサイト

新入社員やこれから投資を始める方へ