category: ■税制

e-taxでカードリーダーなどの専用機器が不要になるかも

業界最安値の投資信託といえばeMAXIS Slimシリーズですが、この度、伝統的4資産に続いて、新興国株式ファンドの設定されるそうです。一昔前は、もっと低い信託報酬のファンドが出たらどうしようとか、悩んでいたものですが、今や安心して投資できますね。それもこれも、金融庁が積立NISAという制度導入をゴリゴリごり押ししているからでしょうね。一般の人のいしてみたら、20年後の予想なんてできません。その上、20年の投資に耐え...

【ふるさと納税】2017年もふるさと納税を敢行

◼︎まず昨年の実績について振り返ります2016年に初めてチャレンジしたふるさと納税ですが、2017年の今年もやってみました。昨年は長野県伊那市に寄附しました。お礼の品は、ダイソンの電気掃除機V8フラフィでした。価格コムなどでは“重い”という評価もあるようですが、わが家での評価は文句なく星5つです。見た目は悪いですが、壁に立てかけているので、必要な時にサッと掃除機をかけることができます。“掃除をするスト...

【ふるさと納税】お礼の品(高級掃除機)の使用感

No image

ふるさと納税のお礼の品に関する雑感です。日経電子版にも以下のような記事が出ているふるさと納税。年末にかけ、ますますヒートアップしそうですね。ニッケイスタイル『急げ!ふるさと納税 増える体験型、高額返礼品も続出』http://style.nikkei.com/article/DGXMZO09780080R21C16A1000000?channel=DF260120166491さて、お礼として頂いた高級掃除機の使い心地についてリポートします。前の記事にも書きましたが、旧モデルでは苦...

【ふるさと納税】お礼の品が届きました

2016年、それは私にとって"ふるさと納税の始まりの年"。おかげさまで、我が家にも寄附をした自治体よりお礼の品が届きました。ホームページには「お届けまでに2か月程度かかります、あらかじめご了承ください」と書いてあっただけに1週間ちょっとで届くと、いい意味でサプライズですね。お礼の品として選んだモノは、ヨーロッパの高級掃除機です。現在利用している商品の2世代新しい、最新のモデルとなります。お米やお菓子の...

【ふるさと納税】ワンストップ特例は確定申告をする人は使えません

先日実施したふるさと納税に関して、寄附をした自治体から・ふるさと納税に係る寄附金受領証明書・寄附金税額控除に係る申告特例(ワンストップ特例)申請書が送られてきました。ワンストップ特例は2016年から導入された制度で、申請書を提出すれば、自分が住む自治体の住民税から寄附金税額が控除されるというものです。確定申告をしなくて済むので、大半の人にとって事務の簡素化と言えるでしょう。しかしながら、私のように、複...

【ふるさと納税】ふるさと納税お役立ちサイト

No image

ふるさと納税、パートナーの所得から、いくらまでふるさと納税をしたらお得か確認したところ、8,000円くらいでした…あわよくば、iPad Airをゲットしようと考えていたのですが、はかない夢に終わったようです。さて、今回私が利用したふるさと納税に関するサイトをまとめました。まずは親方日の丸、国のホームページです。総務省 ふるさと納税ポータルサイトhttp://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido...

【ふるさと納税】初めてふるさと納税を実施

No image

たまたま、ふるさと納税に関するブログ記事をみて、その2時間後には20万円を寄附していたというお話しです。ふるさと納税ってご存知ですか。ふるさと納税とは、簡単にいうと、全国の自治体への寄附金のうち自己負担となる2,000円を控除した残りが所得税・住民税から差し引かれ、寄附金の対価として自治体からお礼を受けられるものです。ポイントは以下の通り・最低でも2,000円は自己負担となる(所得により変動する可能性あり)・...