category: ■本

【電子書籍】本を読むのもTPO

No image

最近、新聞や紙の本をほとんど買わなくなりました。yahoo!ニュースで十分だからね?いいえ、そういうわけでもありません。そう、読んでないわけでもないのです。では、何をしているかというと…電子媒体や電子書籍を使って読んでいるのですね。例えば新聞。私は、就職活動を意識した大学3年から毎日日経新聞を読んでいますが、当初は紙でとっていたところ、今では日経電子版を読むに至っています。電子版のメリットとしては、まず...

「ウォール街のランダムウォーカー」の著者バートン・マルキール氏がロボアドバイザーを勧めていることについて

No image

バートン・マルキール氏がロボアドバイザーサービス大手のCIOに就任「ウォール街のランダム・ウォーカー」の著者であるバートン・マルキール氏が、フィンテックで注目を集めるロボアドバイザーの大手会社ウェルスフロントのCIOに就任したという。日経マネーにマルキール氏へのインタビュー記事が掲載されていたので紹介します。日経マネー 2016年 5月号 [雑誌]紙面はインタビュー形式で行われていました。以下、著作権を侵害しない...

【本】2016年2月に読んだ本

2016年2月に読んだ本についての感想などどれもこれもいい本なのですが、私の文章が拙いため、その魅力が伝わらなさそうで残念です。気になる本があれば、当ブログの感想など無視してください。是非、書店で実際に手にとって、パラパラめくり、ご自身の目で確かめてくださるようお願いします。■ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 赤羽雄二【感想】・マッキンゼーで活躍した筆者の思考整理術、論理的思考力強化...

【本】原点回帰 あの本を読みなおす

私の今年のテーマのひとつとして「教養をつけるためにも読書を!」というものがあり、幅広いジャンルの本を読んでいるうちに、過去に読んだことのある投資本についても、今一度振り返ってみたいなあと思うようになっています。その気持ちは日に日に高まる一方で、先日、ふらりと立ち寄った蔦屋書店で、禁断の書物に出会ってしまいました。それが、インデックス投資家のバイブルとも言える『ウォール街のランダム・ウォーカー <...

【本】2016年1月に読んだ本

早いもので2016年もひと月が過ぎました。今年の私の目標の一つに、教養をつけるために読書を行うというものがあります。そこで、今後、読んだ本とその感想を、ブログでご紹介していきたいと思います。インプットも重要ですが、アウトプットすることも重要。アウトプットすることで自分の理解が深まるでしょうし、後の記憶定着率も良くなるので、ポイントを記載することとします。投資の本も読みますが、いい歳ですので、ここいらで...

【本】「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」津田久資

No image

私の、今年のテーマの一つである、読書。先日の本ブログの記事「【本:大前研一の企業参謀】ルーレットの法則から得られるインデックス投資に関する教訓」では、約1か月かけて読んだ本をご紹介しましたが、今日ご紹介する「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」は、都合3時間あれば読めてしまいます。【注】本記事は投資や運用に関する話題ではありません毎日新聞書評で、佐藤優氏が大人の教科書と絶賛していた良書です。確かに、MB...

【本:大前研一の企業参謀】ルーレットの法則から得られるインデックス投資に関する教訓

No image

◼︎大前研一氏の企業参謀を読んだ感想先月から、約1ヶ月かけて、大前研一氏の『企業参謀』を読みました。驚くことなかれ、この本はなんと約40年前に書かれた本なのです。1975年と1977年に出版されたものの合本なのですが、2014年にデジタル版として再出版されるにあたり、なんと中身に手を加えていないというのです。そして内容については、まったく古びる事無く、近年出版された下手なMBAの入門書を読むより、よっ...